にゃろぐ
PCとかF1とか
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リッターロボット修理成功 Litter-Robot Repair
リッターロボットを約三年ほど前から使っていたのですが、ついに故障しました。
半年ぐらい前から音がおかしいなとは思っていたのですが、ついに壊れたかという感じです。

症状は正方向は正常に回るものの、逆方向に戻るときにガガガと異音をあげて停止。
ドームを外して回してみると少し異音はするものの回転可能。

歯車のトラブルだろう思いましたので分解してみました。
分解方法は、本体の☆型のネジを全て外すと2つに分かれます。
2つに分かれたら、本体からギアボックスを外します。
ギアボックスを外すには90度に曲がったソケットレンチが必要です。

IMG00140.jpg

ギアボックスのビスを外してマイナスドライバーでこじ開けてみると、歯車を取り付ける穴がとてもいびつな形になっています。(ちなみにギアボックスを3回開けてようやく気づきました)
IMG00132.jpg


どうやら、ギアボックスのアルミダイキャストに力がかかり穴が削れてしまい、歯車が不安定になっていたようです。

どうしたものか、ネットで聞いて見たところ、
①パテで埋める
②削れた部分にアルミ板を詰める
という解決方法を提案されました。

力がかかるところにパテを埋めて耐えられるのか不安だったのと、埋めたあとにドリルで穴を開けないといけない(ドリルを持っていないので購入しなければならない)
ということでアルミ板を詰める方法を選択しました。

IMG00141.jpg

アルミ板を適度な大きさにカットして曲げていくのですが、コツは長めの大きさにカットして適度な丸状の棒に押し付けて曲げていきます。
曲がったら不要な部分を切り取って削れた部分にはめ込みます。

IMG00138.jpg


うーん、0.4mmがジャストだったかなぁ。そんな気がしてたけどダイソーに0.3mmしかなかった。

最後にグリスをたっぷり付けて歯車をセット。
ギアボックスを閉じて本体にとりつけます。

さてさて結果は・・・

「ウィーーーーーーン」

大成功です。
108円で修理出来てよかった・・・。

しかし、こんなところが削れるなんて設計不良じゃないですかね。

スポンサーサイト

テーマ:DIY - ジャンル:ライフ



プロフィール

toshi

Author:toshi
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



里親募集



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。