にゃろぐ
PCとかF1とか
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リッターロボット修理成功 Litter-Robot Repair
リッターロボットを約三年ほど前から使っていたのですが、ついに故障しました。
半年ぐらい前から音がおかしいなとは思っていたのですが、ついに壊れたかという感じです。

症状は正方向は正常に回るものの、逆方向に戻るときにガガガと異音をあげて停止。
ドームを外して回してみると少し異音はするものの回転可能。

歯車のトラブルだろう思いましたので分解してみました。
分解方法は、本体の☆型のネジを全て外すと2つに分かれます。
2つに分かれたら、本体からギアボックスを外します。
ギアボックスを外すには90度に曲がったソケットレンチが必要です。

IMG00140.jpg

ギアボックスのビスを外してマイナスドライバーでこじ開けてみると、歯車を取り付ける穴がとてもいびつな形になっています。(ちなみにギアボックスを3回開けてようやく気づきました)
IMG00132.jpg


どうやら、ギアボックスのアルミダイキャストに力がかかり穴が削れてしまい、歯車が不安定になっていたようです。

どうしたものか、ネットで聞いて見たところ、
①パテで埋める
②削れた部分にアルミ板を詰める
という解決方法を提案されました。

力がかかるところにパテを埋めて耐えられるのか不安だったのと、埋めたあとにドリルで穴を開けないといけない(ドリルを持っていないので購入しなければならない)
ということでアルミ板を詰める方法を選択しました。

IMG00141.jpg

アルミ板を適度な大きさにカットして曲げていくのですが、コツは長めの大きさにカットして適度な丸状の棒に押し付けて曲げていきます。
曲がったら不要な部分を切り取って削れた部分にはめ込みます。

IMG00138.jpg


うーん、0.4mmがジャストだったかなぁ。そんな気がしてたけどダイソーに0.3mmしかなかった。

最後にグリスをたっぷり付けて歯車をセット。
ギアボックスを閉じて本体にとりつけます。

さてさて結果は・・・

「ウィーーーーーーン」

大成功です。
108円で修理出来てよかった・・・。

しかし、こんなところが削れるなんて設計不良じゃないですかね。

スポンサーサイト

テーマ:DIY - ジャンル:ライフ

jQueryのtext()は文字実体参照をアンエスケープして取得している
ぐぐってもなにも情報が出てこないことなんですが、常識なのかなぁ
ものすごくハマりました。
以下のhtmlをコピペして表示してみてください。


<html>
<head>
<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.9.1/jquery.min.js"></script>
<script>
$(function(){
alert("&lt;".charCodeAt(0));
alert($("div#test").text().charCodeAt(0));
});
</script>
</head>
<body>
<div id="test">&lt;</div>
</body>
</html>


やっていることは一回目のアラートは&lt;の一文字目の文字コードを、二回目のアラートはdiv#testのテキストを取得して一文字目の文字コードを表示しています。
一回目は&の文字コード38が返ってきます。
二回目のアラートもdiv#testのテキストは&lt;で同じなので38が返ってくるはずですが!
結果はなんと60、 < の文字コードが返ってくるのです。
つまりjQueryのtext()は文字実体参照を勝手にアンエスケープして取得しているわけです。

ちなみにval()でも同じようにアンエスケープされています。
html()ではアンエスケープされないようです。

jQueryの挙動というよりtextContentやinnerHTMLの挙動だと思いますが、知っておかないとXSS対策に穴が開くことになりかねません

テーマ:webサイト作成 - ジャンル:コンピュータ

超簡単にCSSで画像を上下中央寄せする方法
動的サイト作ってるとサイズの分からない画像をボックス内で上下左右中央寄せしたい場合がよくある。
table-cellとか使えばできるんだけどIE7が非対応なので好きじゃない。

で、思ったんだけど背景画像にしてやればいいんじゃないかなと。

html

<div class="imgbg" style="background-image:url('imgname.jpg');"></div>

css

.imgbg{
width:300px;
height:300px;
background-position:center center;
background-repeat:no-repeat;
}

これだけ。リンクを付けたい場合は1x1pxの透明pngを引き伸ばして被せてやればよいかと。
空div使うなとかstyle属性はよくないとかalt付けられないとか突っ込みがありそうですが。


テーマ:web制作 - ジャンル:コンピュータ

ウォシュレット TOTO TCF317購入
TOTOのウォシュレットTCF661Rというものが引っ越した時からついていたんですが、スイッチボックスの下から水漏れするようになりました。
どうやらストレーナーという部分から漏れているようで、送料込300円で売っていたので替えてみたのですが直らず、ウォシュレットを買い換えることにしました。

この家にはもうひとつトイレが有り、そこにはウォシュレットがなかったので二年前に東芝のSCS-T160を取り付けました。すこぶる快調でまったく不満がないので、今回もSCS-T160を付けたいところですが、今回壊れたトイレの便器はパステルピンク。東芝はパステルアイボリーのみのラインナップなので、TOTO製品を買うしかありません。

で、TCF317を購入しました。
この製品、日本製と中国製があるらしいです。今回届いたのはMade in Japan。当たりです。

13697391847620.jpg

二回目の取り付けということでサクッと完了。元のフレキホースを使えたので綺麗に仕上がりました。

さて、使ってみた感想

TCF317SCS-T160より優れている点


ホースの接続部が金属で安心感がある

SCS-T160は接続部がプラスチックで頼りないです。

便座を上げるときの抵抗が少ない

SCS-T160はかなり抵抗があって重いのです。


TCF317SCS-T160より劣っている点


着座センサーがスイッチ式で安っぽい

座った時のカチッという感触がなんとも嫌な感じです。SCS-T160は赤外線式です。

ノズル位置の調整ができない

これは普通についてる機能だと思ってたのですが、TOTOは上位機種じゃないとついていないようです・・・。

値段が高い

TCF317が高いというより、SCS-T160が安すぎるというのが的確な表現かもしれませんが・・・。


個人的に、満足度ではSCS-T160の方が上です。
まあ、SCS-T160は当たり外れが大きいという口コミも多く見ますので安心して買えるのはTCF317だと思います。
どうしてもTOTOでなければいけないというのなら、瞬間式で赤外線センサーのTCF702を選んだほうがいいと思います。

それから、エロンゲートサイズの便器にTCF317を取り付けたのですが妙にこじんまり感じます。
便座の穴の縦の長さを測ったのですが、
TCF317 29cm
SCS-T160 30cm
TCF661R 31cm
でした。エロンゲートサイズの便器に取り付けるならSCS-T160、レギュラーサイズの便器に取り付けるならTCF317を選ぶと収まりが良くなると思います。
現在我が家は逆の状態・・・。

教訓
自分で家を立てるときは便器はパステルアイボリーにしよう。いろんな選択肢ができるように。





テーマ:水漏れ修理 - ジャンル:ライフ

[Android]スリープ復帰時のwifi再接続が遅い原因
この前買ったPIPO U1 pro
スリープの時はwifiを切断する設定で使っているのですが、スリープから復帰してwifiを再接続するするまでの時間が妙に長い時があるのです。
速い時は復帰から3秒、遅い時は30秒ぐらい待たされます。
いろいろ弄って原因がわかりました。
無線LANルータでSSIDをステルスにしていたのですが、ステルスにしない設定にすると必ず復帰から3秒で再接続される様になりました。
セキュリティ上SSIDを公開したくないのですが利便性にはかないません。

テーマ:android - ジャンル:コンピュータ



プロフィール

toshi

Author:toshi
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



里親募集



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。